医院ブログ|ながさき歯科

〒355-0221 埼玉県比企郡嵐山町菅谷249-62

0493-62-4618

キービジュアル

災害時のお口のケアについて【ケア編】

2022年08月2日

こんにちは、ながさき歯科の清水です。

前回に続き「災害時のお口のケア」についてお話します。

 

避難所生活ではハミガキ出来る環境が整っておらず

ハミガキやうがいを躊躇う人も多かったようです。

 

※お口のケアの重要性や備えにつきましては

前回投稿のこちらをご覧ください。

 

今回は具体的にご自身でできるお口のケア方法をご説明いたします。

 

■歯ブラシが無い場合

コップに30cc程度のお水かお茶(無糖)を用意します。

食後か寝る前にしっかりとうがいをしてください。

口の隅々まで届くようにブクブクするのがコツです。

一気に口に水を含むより、2~3回に分けるとより効果的です

 

■水も歯ブラシも無い場合

ウェットティッシュ(アルコールを含まない)やハンカチを

指に巻き付け、歯を拭い汚れを拭き取ります。

 

■歯ブラシはあるが、水が少ない場合

コップに30cc位水を用意します。

コップに歯ブラシを浸し濡らしたら歯磨きをします。

ハブラシが汚れてきたらウェットティッシュ等で

汚れを拭き取り、これらを繰り返しながら歯を磨きます。

最後にお水でをブクブクうがいをしてください。

この時も2~3回に分けるとよりキレイになります。

(水の代わりに洗口液があればなお効果的です)

 

■入れ歯の洗浄

入れ歯を何日もつけたままにしていると細菌が増殖します。

食後は必ず清掃するようにしましょう。

洗浄剤があれば紙コップなどを利用してキレイにすることができます。

 

■だ液を促すマッサージ

通常お口の中の細菌はだ液で洗い流されます。

しかし災害時は水分の摂取が減ったり、ストレスなどで

だ液が非常に少なくなります。

 

このマッサージはだ液の少ない方など、日常でも

役立ちますので是非覚えて実践してみてください。

 

2016年の熊本地震の際、歯科医師や歯科衛生士が

積極的に避難所などへ赴き活動した実績もありますが

いざという時のために、ご自身でしっかりと備えておきましょう!!

災害時のお口のケアについて【備え編】

2022年08月1日

こんにちは、ながさき歯科の清水です。

今回は災害時のお口のケアについてです。

 

災害時に後回しにされがちで、実はとても大切なのが「お口のケア」です。

今回はどんな備えをしておくと良いのか

次回避難先などで必要なものがない中でどうやって

お口のケアを行えば良いのかについて2回に分けてお話していきます。

 

みなさん、防災グッツや避難グッツはご準備されていますか?

 

近年防災への意識も上がり、ご自宅やお車に準備されている方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

では、その中に歯ブラシ等の歯科用品は入っていますか?

 

お口の中のことはどうしても後回しにされがちです。

しかし非常時だからこそ全身管理を含め、お口の中の状態を

健康に保つことが重要です

特に避難所生活では様々な状況の中で

お口の中の細菌が急激に増殖してしまうそうです。

 

🦷具体的にあると便利なもの🦷

①歯ブラシ

②液体ハミガキ

③ウェットティッシュ(アルコールのないもの)、ハンカチ

④入れ歯ケース・入れ歯洗浄剤

 

①歯ブラシ

水が無くても歯ブラシで磨くだけでも十分に効果があります。

1人1本防災グッツの中に入れましょう!

 

②液体ハミガキ

液体ハミガキは水が無くても使えます。

最後に水ですすぐ必要がないので、水が使えない時にはとても便利です。

適量を口に含み20秒程ブクブクし、全ての歯に行き渡らせたら吐き出す

歯ブラシではみがき

 

③ウェットティッシュ(アルコールのないもの)・ハンカチ

ウェットティッシュやハンカチで歯を拭くだけでも効果があります。

 

④入れ歯の洗浄剤・入れ歯ケース

非常時に入れ歯ケースをお持ちでない方が多いようです。

入れ物がないためずっと外すことができず、

入れっぱなしの方が多くいたそうです。

何日もつけたままですと細菌が非常に増殖します。

入れ歯をご使用中の方はケースも準備しましょう!

 

避難所生活での困りごとに「トイレ不足」があります。

そのためトイレの回数を減らそうと水分を控える方が多くいます。

すると唾液の分泌が減り、唾液のもつ抗菌作用が減少して

口の中の細菌が増殖しやすくなります。

 

口の中の細菌が増えるとむし歯や歯周病が悪化するだけでなく

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)のリスクが増大します。

これは命にかかわる病気です。

 

そのためにだ液の分泌を促す体操を覚えておくことも

大切な備えになります。※こちらは次回詳しくお話していきます

 

またキシリトール配合にガムなどもだ液を出すために有効です。

 

市販のガムは糖が含まれていますので

むし歯予防のためにはキシリトール100%のものを

おすすめいたします。

 

お口のケアに必要なものは基本的に小さなものばかりです。

歯ブラシが1本あるだけで、非常時のお口のケアに役立ちますので

是非ご自身の防災グッツに歯科用品を入れてください!

 

次回はご自身でできるお口のケア方法についてです。

こちらも合わせてお読みください。

口臭について🗣

2022年07月30日

こんにちは。歯科助手の安藤です。

新型コロナウイルスの感染拡大からマスクの着用が日常となりました。

 

そこで、マスクをすることで口臭に気づいた方が多いのではないでしょうか?

 

口臭はご自身が不快に感じるだけでなく、

他人にも不快感を与えてしまっているのではないかと不安にもつながりますよね。

 

🦠口臭が発生する原因🦠

 

1.生理的口臭

起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。

唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ)

たくさん作られるためです。

 

細菌は歯みがきをすることで減少します🪥

唾液にはお口の中を洗浄・自浄する作用があり、

唾液の分泌が減ってしまうと自浄作用がうまく働かず、口臭の原因となってしまいます。

 

具体的に唾液の量を増やすには、よく噛んでお食事をしたり、

こまめに水分を補給しましょう!

 

 

2.病的口臭

鼻や喉、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが

原因で口臭が起こる場合がありますが、

病的口臭の90%以上はお口の中にその原因があります

・歯周病

・むし歯

・歯垢

・歯石

・舌苔(舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり)

・入れ歯の清掃不良

これらは病気の原因を治療することで口臭を減らしたり、治すことができます。

 

 

3.心理的口臭

自分自身で強い臭いがあると思い込む人がいます。

背景にはストレスや不安などに起因する こころの病気が隠れていることがあります。

 

毎日の歯みがきをはじめとするセルフケアは最も大切なものです。

しかしながら、ご自身のケアだけでは対処できないものもあります。

 

原因となっているものを見極めるためにも、

一度  歯医者さんで診断を受けてみてはいかがでしょうか?🦷✨

 

ご相談やお問い合わせ、お待ちしております!

バルーン

2022年07月11日

こんにちは、理事長の長﨑寛です。

 

なんと元スタッフより10周年のお祝いのバルーンが届きました!

退職後も気にかけてくれて嬉しいかぎりです。

 

この10年間で沢山のスタッフが働いてくれました。

開院時数名でスタートし立ち上げ時の大変な時期を

一緒に頑張ってくれたスタッフ。

 

数年後軌道にのりだしからは、私もまだ若くより良くするために

厳しく指導しそれでもついてきてくれたスタッフ。

 

そして今ここまで大きくなり1日100人を超える患者様を

診るために、サポートしてくれているスタッフ。

 

たくさんのスタッフに支えられ、今のながさき歯科があります。

まだまだやりたい事、チャレンジしたい事が沢山あります!

 

現状に満足せず、日々成長できるよう邁進してまいります。

 

皆様におかれましては、これから夏本番となりますので、

ますますのご健康とご活躍を祈念いたします。

 

ツバメ🐧

2022年06月29日

こんにちは🌞

 

ながさき歯科には毎年、ツバメがやってきます。

 

今年も5月に巣作りを始めて、今は3羽の子ども🐧たちの

元気なさえずりが毎日受付に聞こえてきます。

 

 

 

患者様用玄関に巣があるため、皆さまにはご迷惑をおかけしておりますが

この子たちが元気に南へ巣出すまで一緒に見守っていただけますと幸いです。

 

 

 

顎関節症について

2022年06月28日

こんにちは。歯科衛生士の金井です。

 

最近は蒸し暑い日が続いていますが、こまめに水分補給をし

くれぐれも体調にはお気をつけください😊

 

今日は顎関節症についてお話しします。

 

皆さんは顎関節症は知っていますか?

どうゆう症状があるのかというと、、

        顎の関節が痛む

  ※顎の関節が音がする

  ※お口を開けにくい

  ※顎を支えている筋肉に痛みがある

という症状があげられます!

 

なぜ顎関節症になるのか?

🦷原因は🦷

  ・ストレス

  ・歯ぎしり

  ・集中している時などの食いしばり

  ・頬杖をつく

  ・左右どちらか一方ばかりで噛む癖がある

  ・大きい口を開けたり、硬いものを噛んだ

  ・横向きやうつ伏せで寝る

 などがあげられます。

 

治療法としては

噛み合わせを改善させる為にマウスピースを作ることです。

 

朝起きて顎が痛い、首や肩が凝っているなど症状がある方は

寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります!

 

寝ている間は無意識なので歯ぎしりや食いしばりをやめることができません。

なのでマウスピースを入れることによって防止できます!

 

またお家でできるセルフケアもあります。

 ・痛みなど症状がある時は固いもの食べない

 ・頬杖をつくのをやめる

 ・片側だけでなく両側で噛んで食事をする

 ・仰向けで寝る 

   (横向きでしか眠れない人は枕の高さを低くする)

 ・上下の歯を接触させないように気をつける

 ・長時間同じ姿勢にならないよう適宜ストレッチを行う

 ・マッサージを行う(入浴時など体が温まった時がいいです)

       

        

 

顎関節症の症状がある時に治療やクリーニングの予定がある際は、

痛みが辛いようでしたら痛みがとれるまで治療やクリーニングをお休みしても構いません。

 

また、先生やスタッフに伝えていただければ

こまめに休憩したりして治療やクリーニングをするなど

対応しますので気軽にお声掛けください!

外壁の洗浄

2022年06月18日

こんにちは、理事長の長﨑です。

梅雨明けの待たれる今日この頃ですが、皆さまはどうお過ごしでしょうか。

 

ながさき歯科では、先日外壁の洗浄を行いました。

建物のメンテナンスや清掃は業者へ依頼し

定期的に行なっております。

 

また患者さまが気持ちよく治療を受けていただけるよう

早朝より毎日清掃スタッフが丁寧に掃除しております。

 

清掃スタッフ以外も日々院内の掃除や機械のメンテナンスを

行なっており、万全の状態でお迎えできるよう精進してまいります。

 

10周年記念プレゼント

2022年06月13日

この度、ながさき歯科10周年記念グッツを2種類

作成いたしました!!

 

①お子さまに人気の『すみっこぐらし』のうちわ

②0.7mmボールペン

 

ご来院いただいた患者様にもれなくおひとつプレゼントいたします🎁

 

 

皆さまがいつまでもお口の健康を維持できるよう、お力添えできればと思います。

 

11年目もよろしくお願いいたします。

歯周病と健康について

2022年06月7日

はじめまして。歯科医師の山本です。

今回は、歯周病と全身との関わりについて少しお話しさせてください🦷🪥

 

歯周病とはひと言でいうと、歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)の組織が壊されていく病気です。

20歳頃から歯周病にかかるリスクは上がり、

日本人の40歳以上の80%がこの病気にかっかている

という統計が出ています。

 

また歯周病は日本人の歯を失う原因の第1位になっております。

 

このように私たちの身近に潜んでいる歯周病ですが、

実は口腔内だけで悪さを働くのではありません。

 

歯周病菌をはじめとする口腔内の細菌が全身の血液や気管に作用し、

様々な全身疾患にかかる危険性を高めることが知られており

・心臓血管疾患(心筋梗塞・狭心症)

・脳卒中(脳梗塞)

・糖尿病の悪化

・膵臓がん

・低体重児出産

・アルツハイマー病

などの疾患を引き起こす危険性を高める、

または相関性があることがわかってきました。

 

このように歯周病の予防や治療は、

全身の様々な病気の予防に関与している可能性が高く

健康な生活を送るためにとても大切なことです。

 

①歯周病 ②むし歯、この口腔内二大疾患は、

プラーク(歯垢)と呼ばれる、歯に付着する細菌により引き起こされます。

 

その為、日常的なプラークコントロール(プラークの除去)が必要であり、

定期的の歯科検診を受ける事で自身でのセルフケアを補完する事が大切です!!

 

通院されている患者様に関しましては、

これからも定期的な検診を継続していただければと思います。

 

また、痛みが無いなどで自分は歯科にかからなくて大丈夫と

思う方も多くいらっしゃると思いますが、

少しでも気になる方はぜひ検診を受けて予防や治療を行っていただけたらと思います。

 

他にも疑問点などがございましたら、気軽にお声がけください。🗣

新しいスタッフのご紹介

2022年04月30日

こんにちは。受付の宮城です。

 

この度、新しいスタッフが11月〜4月にかけて入社いたしました🌸

歯科医師1名、歯科助手3名、受付1名の計5名が

新しくながさき歯科の仲間になります。

 

 

歯科医師につきましては、来月また詳しくご紹介させていただきます。

 

今後もチームワークを高めながら、

患者さまに寄り添った診療を提供していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

web予約

電話での問い合わせ

電話

医院の住所

〒355-0221 埼玉県比企郡嵐山町菅谷249-62

このページの先頭に戻る